破産の申告を実行したとしても公的な機関から近親者に直々に事実関係の報告などがなさ

2018.05.30 Wednesday 06:15
0
    破産の申告を実行したとしても公的な機関から近親者に直々に事実関係の報告などがなされるといったことは考えられません。

    それを真に受ければ、家族に知られてしまわないように自己破産の手続きできないとは申しません。

    それでも、現実問題として破産の手続きを申し立てる時に公的機関などから一緒に住む家族の所得を記した書類や金融機関の通帳の写しなどという資料の提出を求められるようなこともありますし業者から親族へ電話がかかるような場合もあり得ますので、親族にばれずに自己破産というものが行うことが可能だという100%の確証はまずないといえるでしょう。

    親族に内緒にしてそれ以後に明らかになってしまうこと比較すれば、まず最初から嘘偽り無しに打ち明けて家庭のメンバー皆が協力し合って自己破産の手続きを行う方がよいでしょう。

    その一方、異なった場所に住む家族や親族においては、自己破産申請を実行したことが露見してしまうなどということはほとんど不安に思う必要はないといえるでしょう。

    妻/夫の支払い義務を失くすことを主眼として離縁することを考える早まった夫婦もいるとのことですが、実際は夫婦である場合でも書類上の(連帯)保証の名義人になってしまっていないならば法的な支払い義務は発生しないのです。

    ですが、(連帯)保証人であるケースならばたとえ別れることをしても法的な責務は残存するため法的な支払い義務があるのです。

    よって離婚を行っただけで借りたお金の支払義務が無効になるということはあり得ないのです。

    そしてしばしば金融会社が破産者の親族に催促をするような場合もありますが、保証人や連帯保証人にサインしていないようであれば子と親の間ないしは弟と兄というような親族間の返済義務について借り主以外の近親者に法的な支払い義務はまずないのです。

    それ以前に、借りた会社が法的な支払い義務を負っていない家族の人などに向けて支払の督促を行うことは貸金業規制法に関する行政府の実務ガイドラインで制限されているため支払催促のしかたにより貸金業の規制法の催促の規制にそむくことにもなり得ます。

    したがって支払に対する強制力を持っていないにもかかわらず債務を負った人の家族や親類が支払の請求不当に受けてしまった場合は債権を持つ会社に向け取立てを直ちに止めるよう注意する内容証明を出すのがいいでしょう。

    情けをかけて、借金を持つ人本人のことが可哀想だからといって借りた人以外の家庭が借入金を代理として返済することがありますが、債務をもつ本人幸運に安心して何度も多重債務のトラブルを蒸し返してしまうことがあるのです。

    従って、債務を負った本人の立場において考えれば酷かもしれませんが債務者本人の手によって借入金を返させるか、それが無理であれば破産の手続きをさせる方が債務者本人の今後の生活には良いと思われます。
    category:闇金 | by:riewtehnfsacomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2018.06.15 Friday 06:15
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment