破産の手続きによると申立人はまず申立書を申し立てる人の住所を担当する地方裁判所に

2018.03.11 Sunday 14:03
0
    破産の手続きによると申立人はまず申立書を申し立てる人の住所を担当する地方裁判所に提出することから始まります。

    申立人が出した申請書類が届いたら担当者は、破産申立の認可をしたほうがいい理由があるかどうかなどといったことを調べる流れになり、審議の結果、申請人に支払い不可な様態というような破産の要件が揃っていれば、自己破産申立の認可が下されるわけです。

    けれども、自己破産の決定がおりてもそれのみですと借入が解消されたことになりません。

    加えて免責の認定を求めることが必要なのです。

    免責と呼ばれているのは破産申請の手続き上において清算が難しい人の返済責任に対しては、法律のもとその責任をなしにするというものです。

    ※簡単に言えば借金を無しにすることです。

    免責についても、破産申請の判定の場合と同様で地方裁判所で分析がおこなわれ、議論のあと、免責の認定がおりたのなら、自己破産者は借金から自由になることになるから負債額は帳消しとなるわけです、結果、住宅ローンやカードが使えなくなることを除いて自己破産者にもたらされる不便からも解放されるということになります。

    ちなみに、免責拒否(債務を帳消しにはしない)の決定がなされてしまった場合負債と自己破産者の受ける不便は消えないことにならざるをえません。

    破産における免責制度はどうしようもない理由で多重の借金を抱えてしまい苦境に立たされている人を助けるためにあるルールです。

    だから、貯蓄を秘密にして破産申立の準備をしたりするなど、地裁にあてて偽造の申請書を送るなどの不正利用する人や、キャバクラなどの無駄遣いで債務を負うことになった人達の場合、その自己破産の承認過程を消したり免責手続きが許されることはありません。

    法律によれば免責の許諾を手に入れる資格が無い理由を今取り上げた事例以外でもいくつも設定してあり、免責不許可事由としています。

    「マンゴー納入後に倒産通知、取引金融機関も架空 沖縄の農家44万円被害「詐欺か」 - 沖縄タイムス」 より引用

    沖縄タイムスマンゴー納入後に倒産通知、取引金融機関も架空 沖縄の農家44万円被害「詐欺か」沖縄タイムスその後、東京都の弁護士事務所が「債務整理を受任した」と農家に通知してきた。ところが、ここも1カ月半後の9月20日付で「苦渋の決断にて辞任」と主張する文書を送ってきた。 本紙が事務所に電話すると元弁護士を名乗る男性が応対し、「所長の弁護士の認知症が進んで対応できなくなった」「依頼人とも連絡が取れな …(続きを読む)

    引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNGr8sBerEMDHIV7A3GFe7fVEH0JUw&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&ei=o7ikWrnXMcHV8QWo-5KgAg&url=http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/165981


    category:闇金 | by:riewtehnfsacomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2018.06.15 Friday 14:03
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment